APDマークとは

聴覚情報処理障害(APD)マークは、APDの当事者の皆さんを少しでも助けるべく、北海道のデザイン学生が卒業研究で制作しました。
症状を自覚し、利用規約に同意した人であれば、誰でも自由に利用できます。

パステルカラー

ダウンロードはこちら

mark-pastel

ビビッドカラー

ダウンロードはこちら

mark-vivid

※ダウンロードした時点で利用規約に同意したものとみなします。
  利用規約をご一読ください。
利用規約

Q&A

A. APDの症状を自覚していれば利用可能です。

APDは、診断できる病院が限られており、診断を受けたくても受けられない当事者も多数おります。
症状を自覚し、周りに知って欲しい、配慮してほしい方であれば、誰でも利用可能です。

※ただし、医療機関に「聴覚情報処理障害ではない」と判断された方は、ご利用をお控えください。

A. 利用規約に添っていれば可能です。

APDマークは、自作のグッズの販売を可能としています。
利用規約に従って制作されたグッズであれば、出品していただいて構いません。

A. 自作グッズ以外の販売は、原則禁止です。

グッズ制作サービスでの販売を許可してしまうと、同じ商品がいくつも出品される事態が予想されます。
運営様へのご迷惑となる他、取引トラブル等の可能性がありますので、販売はご遠慮ください。

A. 個人利用であれば、どんな用途にもお使いいただけます。

APDマークは、様々なコンテンツにご利用いただけます。
症状周知のため、積極的にご利用ください。
※利用規約の範囲内でお願いいたします。

A. お問合わせより詳細をお知らせください。

もし、利用規約に反した利用をしている方を見つけましたら、お問い合わせより制作者までご一報ください。
その際、どんな使い方をしていたのか、どこで見かけたのか(インターネット上であればURL)などの詳細をお知らせいただけると助かります。
できる限り、対処いたします。